発泡酒の税制を考える会
発泡酒の税制を考える会概要
発泡酒とは
会員名簿・製品ご案内
STOP未成年者飲酒
発泡酒市場動向マンスリーレポート 新ジャンル市場動向レポート 酒税に関する要望書 飲用動向と税金に関する調査 発泡酒関連リンク
     
 
img img img img img img img
  飲用と税金に関する調査  
             
 
  
 発泡酒の税制を考える会では、このたび、『ビール・発泡酒・新ジャンル商品の飲用動向と税金に関する調査』を実施し、ダイジェスト資料を作成いたしました。

  本調査は、日本人が好む代表的なお酒である「ビール」「発泡酒」および「新ジャンル商品」飲用者を対象に、各商品の飲用実態や、「ビール」「発泡酒」「新ジャンル商品」にかかる税金に対する飲用者(消費者)の意識を把握することを目的としており、2002年より、毎年実施しております。

 発泡酒の税制を考える会では、“庶民のお酒”として定着している「ビール」「発泡酒」および「新ジャンル商品」が、実際にどのような形で消費者に受け止められ、広く愛飲されているのかをお伝えする資料のひとつとして、本調査資料が皆様のお役に立つことができれば幸いと存じます。

 
 
             
           
 
 

ラインイメージ
     
発泡酒の税制を考える会
     
 
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-7 銀座大栄ビル10F このホームページ上のデータを許可無く使う事を禁じます。
 
ラインイメージ